セラミック情報館 >> セラミック >> セラミック金属とセラミックの違い

セラミック金属とセラミックの違い

セラミック金属とセラミックの違い

歯科医院でもオールセラミックの治療は行うことはできると思うのですが、普段あまりオールセラミック治療をしていない歯科医院での治療はあまりお勧めできないのです。

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料なのです。

金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあるのです。

クラウンとは、歯の全体を覆うかぶせ物になるのです。自分の歯の全周を削り、かぶせることになるのです。

金属でかぶせるメタルクラウンや、金属の外側にセラミックを貼り付けているメタルボンド、全てセラミックで行うオールセラミックスなどがあるのです。

歯のかぶせ物には金属を利用することがほとんどだったのです。食事や運動をするとき、歯には自分の体重くらいと言われるほどの大きな力がかかるのです。

歯の周りを全て削るクラウン修復では、歯科医師の技術や技工士の技術によって仕上がりに大きな差がでるのです。

本来生まれ持った自分の歯は、その大きな力を支えるため、水晶に匹敵するといわれる硬さを備えているのです。

天然の歯を被せる必要が生じて、その換わりとなる材料を探すとき、その硬さを補う人工のかぶせ物には金属を使うしかなかったのいです。

技術の高い歯科医師によって形成され、熟練した技工士によって作製されたセラミックのクラウンは素人目では全く分からないほどの仕上がりとなるのです。

白い被せ物を作るときにも、ポーセレンを金属の枠組みに焼き付けて作る陶材焼付け冠という冠が長い間使用されてきていくのです。

この冠が従来、審美修復の王道と言えるのです。小さな虫歯の場合では、わざわざ大きく歯を削る必要のないインレー修復を選択することをおすすめ出来るのです。

しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もあったのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>入れ歯
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>予防歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>矯正 岡山
>インプラント 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>歯科 岡山