セラミック情報館 >> セラミック >> セラミック 虫歯治療

セラミック 虫歯治療

セラミック 虫歯治療

ハイブリッドセラミックは、セラミックの弱点である脆性を補うために靭性と弾力性を加え、天然の歯質に近づけるために、セラミックに数パーセントのレジンを加えた材料なのです。

セラミックインレーとは、セラミック製の詰め物のことなのです。虫歯の治療で奥歯などに詰めた銀歯を目立たなくすのです。

前歯の場合は、天然歯と比べて硬度が高くても問題はないようですが、奥歯等、噛み合わせによっては、硬度が高すぎると、噛む際に対応する歯や、セラミック歯そのものに過度の負担がかかり、ダメージを与える場合があるのです。

そのような症例の場合には、ハイブリッド・セラミックのほうがメリットが大きいといえるのです。

虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用いるのです。

詰めた部分が変色するのが嫌な方におすすめとなっているのです。

銀歯を除去して歯を削り、セラミックインレーをセットするだけで完成なのです。

ハイブリッドセラミックにはレジンが微量加えられているため、純粋なセラミックと比べると、長年の使用のうちに、若干の変色が見られる場合がありますが、レジンのように一見して黄ばんだ印象を与えることはないのです。

前歯を治すと奥歯の噛み合わせも変わり体のバランスも変わるのです。

大きく大きく歯を削っていけば歯は直ぐになくなってしまうのです。

歯の固さ、形全てに意味があるのです。車に純正部品が良い様に歯も自然が一番なのです。

進行した虫歯の場合には、失われた部分が大きいため、代わりの材料で作成した歯の一部にあたる治療物を、かぶせる処置をとるのです。

被せ物、冠、差し歯等が、この治療法にあたるのです。治療が複数の歯に及んだ場合には、ブリッジなどの治療法が選択される場合もあるのです。

歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えるようですので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事があるようです。

治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成らないのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>入れ歯
>予防歯科
>歯科 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>岡山 インプラント
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン