セラミック情報館 >> セラミック >> 保険診療と自由診療

保険診療と自由診療

保険診療と自由診療

審美的観点から、歯をセラミックで治療した場合は、どんなに高額になっても、医療費控除の対象にはならないのです。

怪我によるものや歯の治療上、セラミックによる治療が必要と判断された場合は、医療費控除の対象になりま既に治療済みの金属色の詰め物を除去して、セラミックインレーに詰め替えることもできるのです。

治療は保険の適用はないようですが、審美歯科・美容歯科などで受ける事ができるのです。

手順は金属製の詰め物を使用する場合と同様、治療にかかる通院回数は2〜4回と詰める部分の大きさで違ってくるのです。

保険制度では、差し歯は通常レジン前装冠という金属にレジンを貼り付ける方法を前歯に用いるようですが、他の歯と色を合わせたりする事が出来ず、粒子が大きく材質が柔らかい為、使っている間に変色して摩れてきてしまうのです。

その為、長い年月お使い頂くには不向きなのです。セラミックを使用した治療は、高額になるのです。セラミックの治療は、より美しく体に優しい治療なのです。

耐久性と強度に優れた陶材で、レジンとは異なり劣化による変色・黄ばみ・臭いの付着もないのです。

しかし、セラミック治療は、歯科治療の中で、珍しい治療法ではないのです。レジンでは得ることができない美しい仕上がりで透明感があるのです。

金属の場合は化学反応により歯ぐきや歯が黒ずむことがあるのですが、セラミックは腐食しないため歯ぐきの変色はありません。

健康保険が適応になるようですので安価にできる反面、内側の金属はメタルボンドで使用する金属よりも劣化しやすく、外側のプラスチックは使用後1〜2年以内に変色してくるのです。

また、メタルボンドで使用するセラミックスに比べて細かな色の調整ができず、審美性は劣るのです。

さな虫歯では 樹脂で白くすることが可能です。これは保険が効く治療なのです。

もう少し大きくなって隣の歯との境まで虫歯が及んだ時は場合によっては小さな虫歯と同じ素材で埋めることができることもあるのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>矯正 岡山
>予防歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>岡山 インプラント
>入れ歯
>インプラント 岡山
>歯槽膿漏 歯周病