セラミック情報館 >> セラミック >> セラミック 効果

セラミック 効果

セラミック 効果

金型を利用した製品製造において、耐摩耗性、耐熱酸化性、耐腐食性、耐焼付き性などに起因する金型寿命を延長し、生産性の向上を目的として、PVD法、CVD法、浸透拡散法などの表面改質技術が従来より適用されてきているのです。

セラミックの歯を入れたい、薄くて丈夫な入れ歯を入れたい、などの審美的なご要望、装着感の快適性などを満たそうとすると保険医療の範囲ではできないため、自由診療でせざるを得なかったようですが、医院によって、その費用、保障内容などがまちまちで、不安感を持たれていた患者さんも少なからずいらっしゃったと思うのです。

最近、特にプラズマ反応をりようしたPVD法ーイオンプレーティングなどでのセラミックコーティング技術をベースとした複合技術への要求が高まってきているのです。

連結クラウンや、ブリッジなどの場合は、フレームを金属やジルコニアのどの強度のあるセラミックで作り、それにセラミックを焼き付けるのです。

プラズマ反応を利用したセラミックコーティング膜をベースとした複合処理技術は、大きく二つに概念的に分類されるのです。

エンプレスは、審美性、強度、物性などあらゆる面で、最高品質のオールセラミックです。

通常のオールセラミックのように、欠ける可能性もほとんどないのです。

現在セラミックコーティングを主体とした表面改質技術は、金型はもとより、切削工具、機械部品を主体に、その適用例はますます拡大しているのです。

価格がオールセラミックと同じにしているため、価格的な優位性はないのです。むしろ、オールセラミックの不向きな症例に使っているのです。

たとえば、連結したりブリッジのように歯と歯をつなぐ場合や、奥歯にセラミックの歯を入れたいときなどあります。

また、市場のニーズに対応すべく、新しい膜、新しい成膜技術、装置、複合化処理、また、低温度化、装置の大型化などの開発、技術の向上には目覚しいものがあるのです。

健康な歯肉の高さが設定できないためメタルボンド装着後に歯肉が下がったりすると、歯肉辺縁の金属マージンが露出するため、大きく審美性が損なわれるのです。

歯周炎の治療を行い、健康な歯肉の高さをきちんと出してから出ないと、お勧めできないのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>入れ歯
>岡山 インプラント
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>歯科 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>インプラント 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>矯正 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>予防歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科