セラミック情報館 >> セラミック >> セラミック 変色しない

セラミック 変色しない

セラミック 変色しない

白い被せ物でこの条件を満たす物は メタルボンドやオールセラミック・ジルコニアなどの セラミック系だけなのです。

過去の治療で使用されているレジンが色素を吸着し、変色した場合などにも、ホワイトニングでは白くすることができないため、ラミネートベニアを用いるのです。

セラミックは入れたときは白かったのに、いつの間にか黄色くなった。という事がないのです。

金属と陶材をドッキングさせた物や 陶材だけで作った物は 表面がガラス質なので変色はありません。

歯と歯の隙間を、矯正を行わずに短期間で治したい場合や、事故等で歯の一部が欠けている場合などにも、行われる方法なのです。

治療にかかる通院回数は、2〜4回程度なのです。

歯茎を変色させない金属もあるのですが、金属を使ったクラウンやクラウンブリッジは歯茎と接している部分を黒く変色させるのです。

セラミックは化学反応による腐食がなく、歯茎を変色させることはないのです。最近お勧めなのは ジルコニア+セラミックでできた歯なのです

ジルコニアは金属くらいの強度をもち色調も白いので十分な透明感が得られるのです。

セラミック/ハイブリッドクラウンのハイブリットとは、ハイブリッドというのは、混合という意味なのです。

その名の通り、セラミックとレジンを混合した白い歯なのです。比較的、色が安定して費用が安価なのです。

レジン前装冠と下記のセラミッククラウンの中間の特性をもっているのです。

先天的にまだらに変色している歯や、エナメル質形成不全で歯の表面がでこぼこしている場合などでも、ラミネートベニアを行うと、美しい白い歯にすることができるのです。

セラミックは、レジン違って劣化による変色・黄ばみや、臭いの付着を起こさないのです。

また、レジンでは得られない、透明感のある美しい仕上がりになるのです。

黄ばんだ歯や黒ずんだ歯茎、虫歯の治療後の変色した歯、笑うと見える金属歯、デコボコした歯並び、チョット不揃いな歯、歯と歯にある隙間、どれも美しくやり変え、治療出来できるのです。

また、ホワイトニングによる美白効果や、その持続期間に満足ができない方には、ラミネートベニアをお勧め出来るのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>インプラント 岡山
>予防歯科
>入れ歯
>歯槽膿漏 歯周病
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山