セラミック情報館 >> セラミック >> 詰め物にもセラミック

詰め物にもセラミック

詰め物にもセラミック

奥歯と前歯の費用の違いですが、ほとんどの歯科医院では、奥歯でも前歯でも同じなのです。

部位により費用を変えている医院はあるようですが、基本的に作製するコストはほぼ同じですので、治療費もそれに合わせたかたちになるのです。

セラミックの白い詰め物は、審美的な理由から、見える部分の銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物の代わりに使われることが多いようですが、歯科金属アレルギー治療として使用されることもあるのです。

また、金属の歯を使用していると静電気が起るとのことですが、これは事実なのです。

この静電気をガルバニー電流と言います。セラミックは歯と同じ色に出来るようですので、審美性に大変すぐれているだけでなく、銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物に比べて、生体親和性が大変良いからなのです。

異種金属が同一口腔内に存在するとき、唾液等の組織液が電解質となり電位差の発生が起電力が生じ、電流が流れることなのです。

あまり大きなセラミックの詰め物は、噛む力に耐え切れず、割れてしまうこともあるようですので、その場合にはGESクラウンなどのセラミックの被せ物にする場合もあるのです。

これが、疼痛・違和感・金属の味を生む事があるのです。

アルミホイルを噛んだりすると嫌な感じや変な味がするのはこの為なのです。

インレーには従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目はよくなかったようです。

セラミックを使用することにより、治療ヶ所が目立たず、非常に健康的に見えるのです。

現在しみている歯がこのガルバニー電流によるものかどうかは、このご質問の内容から確定することは無理ですが、知覚過敏や虫歯等しみる原因は他にもありますので、まずは、そうした検査を行うことが第一であると考えられるのです。

虫歯の進行具合によっては被せ物やブリッジによる治療となるのです。

セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができるのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>インプラント 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>歯科 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>入れ歯
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>岡山 インプラント
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山