セラミック情報館 >> セラミック >> 金歯と金属アレルギー

金歯と金属アレルギー

金歯と金属アレルギー

銀合金の冠の前側に、レジンを貼ったもので、長期使用においては、レジンの劣化による変色、黄ばみが生じるのです。

また使用される合金の特性として、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高くなっているのです。

セラミッククラウンは非常に安全性の高い審美歯科治療なのです。

人の骨自体もセラミックで出来ていますから、生体との親和性は高い治療材のようです。

虫歯が進行し、除去する部分が多くなった場合に、歯の形を補う人口の治療物を、冠のようにかぶせる治療法が、クラウンの治療なのです。

患部を除去した後に、歯の形を整え、クラウンをかぶせるのです。クラウンの設計によって、歯並びを改善することもできるのです。

従って、金属アレルギーによるアレルギー患者、アトピー皮膚炎患者の方にも安心して使用できるのです。

実際に金属アレルギーのアトピー患者がセラミッククラウン治療により完治した症例がたくさんあるようです。

クラウンの治療は、差し歯や被せ物といった名前で、一般に知られているのです。上図のように、自分の歯を土台にする場合が被せ物、補強のための土台を歯の根に差し込んで治療する場合が差し歯になるのです。

ですから金属を使用しないオールセラミッククラウン、オールセラミックインレーが特にお薦めとなっているのです。 銀歯の場合は、金属なので強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用でき、治療費が安価なのです。 しかし、金属の見た目の問題と、時間が経つと金属中の成分が溶け出して、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高いという欠点があるのです。

セラミッククラウンとはそもそもどのような治療法かと言いますと、セラミッククラウンは、ホワイトニング同様歯を白くする審美歯科治療のひとつで、変色した歯の表面を少し削り、そこにセラミックスの歯を装着させる治療法になるのです。

金のクラウンの場合は、金属の見た目の問題はあるようですが、適合が良く、ほとんど錆びることはないのです。

金属アレルギーも起しにくく、虫歯の再発の可能性も低い、優れた冠ですが、貴金属を使用しているため、治療費が高額になるのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯槽膿漏 歯周病
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>矯正 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>予防歯科
>歯科 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>インプラント 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック