セラミック情報館 >> セラミック >> セラミックについて

セラミックについて

セラミックについて

セラミックはガラスと同じように硬いですが割れるのです。

普通のかみ合わせの力では割れないようですが、異常に強い力では割れることがあるのです。

レジンに、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼ぶのです。

原材料費というより、製品化する設備費用、テクニシャンの技術習得に対する時間で考えれば、圧倒的にセラミックスが高価となっているのです。

天然の歯もプラスチックの詰め物も同様に割れることがあるので、セラミック特有というわけではないのです。

医療用のファインセラミックなのです。歯の材質に近い、非金属無機材料です。強度と透過性に優れ、擦り減らない材料なのです。

金属の歯は強い力がかかっても割れないようですが、その代わりに土台になっている歯が割れるのです。

素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、破損した時でも修復が容易に行なえるのです。

しかし軟らかいだけに、対磨耗性はセラミックにかなわないのです。医療用のファインセラミックでは対応できない症例の為に開発された、最新の歯科材料なのです。

95パーセント程度のセラミックに、有機材料を添加した、擦り減りにくく、変色しにくい材料なのです。セラミックの強度と、有機材料の粘り強さを併せ持つのです。

セラミックスを歯科の健保に導入する計画は、十数年前確かにあったのです。しかし、ご承知のごとくの国の経済の惨状ではもはや無理なのです。

それどころか、既存の保険枠の縮小の噂すらあるのです。歯は割れて欲しくないのです。

ですからスポーツをする人、歯ぎしり、噛みしめが強い人はマウスガードをつけることをオススメします。

オールセラミックは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えるのです。

オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックのみを使用するようですので、金属アレルギーのある患者さんにも安心してお使い頂けると言う事なのです。

セラミックスにも生体親和性はともかく、肝心の歯にたいする微少なレベルでの適合性にパラ以上の問題があり、衝撃で破折しやすい等の欠点があるのです。

セラミック情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>入れ歯
>岡山 インプラント
>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯科 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>矯正 岡山